背中がかゆい

背中ニキビの対処法

背中がかゆい

顔のニキビも然ることながら、人目につかない背中ニキビに密かに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
私も以前は背中ニキビに頭を悩ませていました。
顔のニキビと違って人目に付きにくい分、ケアもおろそかになりがちで、気がつけば背中全体に広がってしまっていました。

 

原因としては色々とあるかと思います。
私の場合は恐らく元々敏感肌というのもあって、着ている服の素材が合わなかったりしたんだと思います。
特に夏場になると、汗をかいたうえに服の繊維が背中に擦れるので、ちょっと痒かったりしたこともありました。

 

あと意外なのが普段毎日使っているシャンプーやトリートメント。
洗ったあとのすすぎが足りなかったりすると、残ったシャンプーやトリートメントの成分がそのまま髪を伝って背中についたままになるんですよ。
それが原因で背中ニキビが悪化する人も多いみたいですので、皆さんも気をつけたほうがいいと思います。

 

私の場合は敏感肌なので、使うシャンプーとトリートメントの種類にも気を配るようにしました。
ノンシリコンのものに変えてなるべく肌への刺激を少なくしました。
それから洗う順番にも気を配りました。
先に髪を洗ってから体を洗うようにすると、背中にトリートメントなどが残るのを防げますよね。

 

あと背中ニキビは顔のニキビとは違って、いつも服に覆われているのでどうしても蒸れてしまうことが多いです。
なので不潔になりがちなので、一度出来てしまうと完治するのに時間がかかってしまいます。

 

なるべく汗をかきにくい工夫をしたりすると、少しはマシになるかも知れませんね。

 

洗顔料で背中ニキビケア?!

 

背中に出来るニキビって、自分ではなかなかわかりにくかったりしますよね?
よく人の背中をみて「うわぁ〜!!」って思うことはありますが、果たして自分の背中は大丈夫なのか?って不安になることがあります。
ですので私は時々、特によく汗をかく季節になると背中ニキビのチェックをしています。

 

たまに鏡を見て小さなものでも出来ていたら、すぐにケアをする様にしています。
夏はケアを怠ってちょっとでも放っておくと、汗もかくのであっという間に背中一面にニキビが広がってしまうこともあるからです。

 

私が普段からしている背中ニキビのケア方法についてご紹介しますね。
背中ニキビ用のケア製品も出ているみたいですが、私はそんな特別なものを使うわけではなくて、顔に使用するものを背中にも使っているんです。
入浴の際に顔をスクラブ洗顔しているのですが、そのスクラブ洗顔料を背中にも使います。
よく泡立ててから普通に背中を洗うだけです。
普段使っているボディーソープだけでは肌に残った古い角質がちょっとずつ溜まっていきます。
ですので私は1週間に2度くらいは、こうやってスクラブ洗顔料を使って背中を丁寧に洗っています。
そうすると皮脂汚れも綺麗にとれて、背中がスッキリとしてとても気持ちいいです。

 

そして入浴後は、化粧水をたっぷりつけたコットンを背中に載せていきます。
入浴後って肌は乾燥しているので、保湿のために化粧水を含ませたコットンをしばらくの間背中に載せたままにしています。
この時に注意しているのが、化粧水はサッパリタイプのものを使うことです。
あまりドロっとした超保湿タイプだと、ニキビ肌には逆効果になってしまうようです。

 

このように洗顔料と化粧水のダブル使いで背中ニキビのケアをしているおかげで、出来てしまっても悪化することなく済んでいます。